【柑橘系の香りを楽しむ♪】Rlc.Masako Takenaga ‘G58-67'(実生株)カトレア マサコタケナガ 'G58-67’

【柑橘系の香りを楽しむ♪】Rlc.Masako Takenaga ‘G58-67'(実生株)カトレア マサコタケナガ 'G58-67’
在庫なし

商品詳細

【柑橘系の香りを楽しむ♪】

■Rlc. Masako Takenaga‘G58-67' 

 (Rlc.Goldenzelle × C.walkeriana)RHS品種登録04/10/2012年

 旧属名表記 Blc. Masako Takenaga

■リンコレリオカトレア マサコ タケナガ 'G58-67’


 

柑橘系の香りを楽しめるミディカトレア、マサコタケナガです。

花弁に厚みがあり、しっかりした花を咲かせませす。

この交配では、順調に育てることができましたら年に2回程度花が咲いた実績があります♪

 

この品種は実生株のひとつで、「G58-67」は実生株の整理番号です。

交配親のゴールデンゼルの影響で、少し背は高くなっていますが、根に勢いがあり育てやすい株となっています。

十分な光の下で栽培すれば花も咲きやすく、丈夫で育てやすい品種です。

交配の系統からワルケ系の甘く強い柑橘系の香りがあります。 

 

▼実生株(みしょうかぶ)とは?

実生株は、交配によって種から育てることで、100の種を蒔けば100の違った花や株姿の物を見ることができます。

両親に似ている花もあれば、祖父母に似ている花も見ることができるので、変化を楽しむ事ができるのです。

種から育てるといってもラン科植物は、時間がかるので気長に待つしかありません。

花が咲くまでには、実に6〜8年もかかるのです。

この花も長い成長をへて、立派に花を咲かせるようになったのです。

 

▼開花時期は?

基本的には、初夏咲きの品種となっていますが、夏〜秋頃にも2回目が咲く可能性のある品種です。

香りのある品種で、晴れた日の午前中には柑橘系の甘い香りが楽しめます♪

 

▼カトレアってどんなラン?育てやすい?

胡蝶蘭と並ぶ、洋ランの代表的存在のカトレア。

主に中南米を原産とするランで、原種だけでなく昔から交配も盛んで、華やかで派手な大輪系から素朴なミニ系まで、花の大きさも雰囲気もさまざまです。

強い香りのあるものもあれば、香りのない品種もあります。

育て方のポイントは、日当たりと風通しの良さ。水やりは、湿りと乾きをはっきつけることが大切です。

 

●【蕾・花付き】とは

掲載現在、蕾や花が咲いている状態の株のお届けとなります。

(お届け時に、開花している場合もございます。)

 

●【次年度開花予定】とは

掲載現在、花が咲いていない状態です。

次年度に開花予定の開花サイズ株のお届けとなります。ご注意下さい。

こちらの株は、開花実績のある株のお届けとなります。

 

日時植物の状態
2019/06/22次年度開花予定株になります。
2019/06/16開花中

商品詳細情報

開花時期 順調に生育した場合、冬頃、初夏頃の2回開花の可能性があります。
花の輪数 2リン開花
香り 甘く強い柑橘系の香り
花の大きさ(横幅 × 縦幅) 横幅約10〜11cm ✕ 縦幅約10〜11cm
植物の高さ(鉢下から葉の頂上まで) 約50cm
花までの高さ(鉢下から花の頂上まで) 約35〜45cm
バルブ(茎)の数 5バルブ
鉢の高さ 約15cm
鉢の大きさ 5号鉢(約15cm)
植え込み鉢(材質) 硬質プラスチック鉢
植え込み材料 バーク

【 商品の梱包と配送について 】


▼画像をクリックすると、拡大表示出来ます。

 

レビュー

0件のレビュー