パフィオペディラム

 パフィオペディルムという属名は「ヴィーナスの靴」という意味から名付けられ、袋状をした唇弁の得意な形に由来します。
 分布域は、中国から東南アジアを中心に西はインド、北はブータン、南はブーゲンビル島まで広がっています。日本でよく知られているアツモリソウ、クマガイソウのシプリペディウム属は近縁の属にあたります。
2