【極大輪ラベンダー系カトレア】Rlc.Pamela Finney 'All Victory'(交配種)カトレア系 パメラフィニー ‘オールビクトリー'

【極大輪ラベンダー系カトレア】Rlc.Pamela Finney 'All Victory'(交配種)カトレア系 パメラフィニー ‘オールビクトリー'
在庫なし

商品詳細

■Rhyncholaeliocattleya[略号:Rlc.] Pamela Finney 'All Victory'BM/JOGA

 (C.Irene Finney × Rlc.Pamela Hetherington)RHS品種登録12/01/1996

■リンコレリオカトレア パメラフィニー‘オールビクトリー'

 


 

ベストセラー極大輪ラベンダーカトレアの一つである、パメラフィニー‘オールビクトリー’。

両親ともにベストセラー&ビッグネームから生まれた品種です♪

 

花は手のひらで隠せないくらい大きく、リップも大きく迫力のある花になっています。

花の質感は、カトレア大輪系らしくヒラヒラとやわらかい雰囲気で、大輪カトレアを満喫できます♪

  

▼開花時期は?

開花の時期は株の成長によって違ってきますが、晩秋〜初春くらいの間に咲く事が多い品種です。

品種によっては、同じ環境で多数の鉢を育てた場合、短期間のうちに一斉に開花したりしますが、この品種は間をあけながらバラバラと咲く感じがします。

 

リンコレリオカトレア パメラフィニー‘オールビクトリー'はどんなラン?育てやすい?

両親共に有名な品種の交配から生まれた種類です。大型で1枚葉品種となっています。

春からの新芽がすくすくと育ちボリューム感のある株姿となります。

立ち上がりのバルブ元が細く、中間部分はぷっくりとと成長する感じなので、うまく支柱などで添える工夫をしたほうがいいかもです。

大型系の品種ですので株全体が、ややごちゃごちゃした感じになってきますので、置き場所や葉組みをして育ててみて下さい。

基本的なカトレアの育て方で花を咲かすことが楽しめますので、その大きさと香りを味わってみて下さい。

 

▼秋〜冬咲き品種の育て方は?

一般的に洋蘭の中でも、春から新芽が伸びて年内に花を咲かせるタイプの品種は育てやすいです。

大切な花芽を持っている時期に冬を迎えることなく(低温や温度変化・環境の変化)咲くからです。

低温期には新芽が小さい状態か、植物が休眠状態になっているので、花への変化の影響が小さいと見られます。

育て始めるなら秋咲きが「オススメ」と言われるのは、こんな理由があるのです。

新芽の成長によっては、秋以降に咲く可能性もあります。

注意点としましては、秋咲きとは違い、本格的な寒さを迎えた状態で開花時期を迎えます。

大切な花芽持っている時期に冬がやってくるので、蕾の大きさや置き場所・環境の変化によっては、蕾や花が痛むことが考えられます。

低温や温度変化・環境の変化を考慮したお手入れをして頂ければ、無事に花を咲かすことが出来ますので、挑戦してみて下さい。

蕾が付いている状態の低温期でも鉢内が乾いていると、水分が必要ですので、乾いているときには根から水分を与えて下さい。

葉っぱへの霧吹きだけでは、葉っぱは湿いますが、根(喉)の乾きは湿いませんので。

低温期は室内に入れるなどして、寒さ対策最優先ですが、出来る限り日の光も当てるようにしてあげて下さい。日光は最高の肥料なんです♪

 

●【蕾・花付き】とは

掲載現在、蕾や花が咲いている状態の株のお届けとなります。

(お届け時に、開花している場合もございます。)

 

 ●【次年度開花予定】とは

掲載現在、花が咲いていない状態です。

次年度に開花予定の開花サイズ株のお届けとなります。ご注意下さい。

こちらの株は、開花実績のある株のお届けとなります。

 

日時植物の状態
2020/01/20次年度開花予定株になります。
2019/12/01蕾が大きくなってきました。

商品詳細情報

開花時期 晩秋〜冬咲き(当園では、11月〜2月頃開花しています。)
香り カトレアらしい強く甘い香りがあります。
花の大きさ(横幅 × 縦幅) 横幅約14〜16cm ✕ 縦幅約17〜19cm(4リン開花時参考)
植物の高さ(鉢下から葉の頂上まで) 約50〜60cm
花までの高さ(鉢下から花の頂上まで) 約50〜70cm
バルブ(茎)の数 5バルブ
鉢の高さ 約12cm
鉢の大きさ 5.5号鉢(約16.5cm)
植え込み鉢(材質) 硬質プラスチック鉢
植え込み材料 バーク

【 商品の梱包と配送について 】


▼画像をクリックすると、拡大表示出来ます。

 

レビュー

0件のレビュー