【篝火のようにゆらゆら見えるカトレア】Ctt.Marcene Burns(交配種・実生株)カトリアンセ マルセンバーンズ

【篝火のようにゆらゆら見えるカトレア】Ctt.Marcene Burns(交配種・実生株)カトリアンセ マルセンバーンズ
在庫なし

商品詳細

■Cattlianthe[略号:Ctt.] Marcene Burns

  (Ctt.Trick or Treat×C.lawrenceana)RHS品種登録30/05/2013

■カトレアンセ マルセンバーンズ

 


 

ステム(花茎)がやや長く篝火のような花を咲かせるカトリアンセ マルセンバーンズ。

花弁の黄色い色彩は、開花日数によりオレンジ寄りの色彩に変化してゆきます。

ほのかな甘い香りも楽しめる、 黄色〜オレンジ色のカトレアです♪

 

肉厚で横に広がるようなイメージで育つカトレアとは違い、縦にシュッとした葉とバルブを持っています。

置き場所にも、やや優しいスリムタイプとも言えますが、木ぶりはやや大きい部類になります。

 

マルセンバーンズの親に当たるトリック・オア・トリートは蘭展でも大株の出品が見られる品種です。

こちらの品種も、その血を受け継いでいますので、大株作りに挑戦してみてはいかがでしょう。

 

▼実生株(みしょうかぶ)とは?

実生株は、交配によって種から育てることで、100の種を蒔けば100の違った花や株姿の物を見ることができます。

両親に似ている花もあれば、祖父母に似ている花も見ることができるので、変化を楽しむ事ができるのです。

種から育てるといってもラン科植物は、時間がかるので気長に待つしかありません。

花が咲くまでには、実に6〜8年もかかるのです。

この花も長い成長をへて、立派に花を咲かせるようになったのです。

 

▼開花時期は?

4〜5月頃、春〜初夏の日差しを浴びて花開く「マルセンバーンズ」。

香りのある品種で、晴れた日の午前中にはほのかな甘い香りが楽しめます。

育てている温度環境によって、開花時期は左右されます。

 

▼カトレアってどんなラン?育てやすい?

胡蝶蘭と並ぶ、洋ランの代表的存在のカトレア。

主に中南米を原産とするランで、原種だけでなく昔から交配も盛んで、華やかで派手な大輪系から素朴なミニ系まで、花の大きさも雰囲気もさまざまです。

強い香りのあるものもあれば、香りのない品種もあります。

育て方のポイントは、日当たりと風通しの良さ。水やりは、湿りと乾きをはっきつけることが大切です。

 

▼お届けの実生株について

写真で掲載している花は実生株の一例となっています。

お届けする株は、写真と色の濃淡や形がそれぞれ違っていますが、大きくハズレない感じで開花しているのを確認しています。

ご了承下さい。

 

●【蕾・花付き】とは

掲載現在、蕾や花が咲いている状態の株のお届けとなります。

(お届け時に、開花している場合もございます。)

  

●【次年度開花予定】とは

掲載現在、花が咲いていない状態です。

次年度に開花予定の開花サイズ株のお届けとなります。ご注意下さい。

こちらの株は、開花実績のある株のお届けとなります。

商品詳細情報

開花時期 春〜初夏咲き(当園では、4月〜5月に開花しています。)
香り 若干スパイシーな香り
花の大きさ(横幅 × 縦幅) 横幅約5〜6cm ✕ 縦幅約5〜6cm
植物の高さ(鉢下から葉の頂上まで) 約30〜40cm
花までの高さ(鉢下から花の頂上まで) 約40〜60cm
バルブ(茎)の数 4バルブ
鉢の高さ 約12cm
鉢の大きさ 4号鉢(約12cm)
植え込み鉢(材質) プラスチック鉢
植え込み材料 バーク

【 商品の梱包と配送について 】


▼画像をクリックすると、拡大表示出来ます。

 

レビュー

0件のレビュー