【ボトルブラシオーキッドの愛称で知られる原種デンドロ】Dendrobium smilliae(原種)デンドロビウム スミリアエ

【ボトルブラシオーキッドの愛称で知られる原種デンドロ】Dendrobium smilliae(原種)デンドロビウム スミリアエ
在庫なし

商品詳細

■Dendrobium[略号:Den.] smilliae

■デンドロビウム スミリアエ

 


 

「デンドロビウム スミリアエ」は、株がやや大きめの原種のデンドロビウムで、ぶどうの房状に咲く花が美しいラン♪

主にバルブの先端から伸びた花茎に咲く花は、 よく見ると無数の小花の集まりで、一見して異国のフルーツのような趣も感じます。

海外では、花の房がボトルブラシ(瓶などを洗うブラシ)に似ていることから、ボトルブラシオーキッドと呼ばれています。

艶と光沢のあるリップが印象的で、花が密に重なって咲く姿は面白くもあり、マジマジと眺め続けてしまいます♪

ピンク×白×緑の花色のコントラストも美しい品種となっています。 

 

春〜夏咲きの「スミリアエ」は、ニューギニア原産の育てやすいデンドロですが、冬期の寒さが苦手なので注意しましょう。

 

2015年2月に開催された世界らん展日本大賞で日本大賞(グランプリ)を受賞したのも、大株のスミリアエでしたね!

見事な大株でしたので、まだまだ記憶に新しいと思います。ぜひ、大株にもチャレンジしてみてください!

 

また現地では、受粉のメカニズムとして、蜜を吸うためにホバリングしている鳥を見かけるそうです。

 

▼開花時期は? 育てやすい?

デンドロビウム スミリアエは、高温多湿を好む原種です。

一般的に胡蝶蘭が元気に育つ環境であれば、問題なく順調に生育します。

当園のカトレアハウスの一つ12〜15℃の温室で、カトレア並みの乾き方で水やりを行っていますがしっかり育っています。

もちろん高温多湿気味に育ててあげると、更に良く育つことは間違いないでしょう。

ニューギニア系高温多湿種といっても、基本的な蘭の手入れを行なえば、比較的簡単に育てられます♪ 

 

●【蕾・花付きとは】

掲載現在、蕾や花が咲いている状態の株のお届けとなります。

(お届け時に、開花している場合もございます。)

 

●【次回・次年度開花予定とは】

掲載現在、花が咲いていない状態です。

次年度に開花予定の開花サイズ株のお届けとなります。ご注意下さい。

こちらの株は、開花実績のある株のお届けとなります。

 

日時植物の状態
2022/05/13次回・次年度開花予定株(開花サイズ)になります。
2021/05/06次回・次年度開花予定サイズになります。
2021/03/18早いものは蕾が開き始めました。

商品詳細情報

開花時期 晩冬〜初夏咲き(当園では、3月〜6月頃に開花しています。)
香り 残念ながらありません。
花の大きさ(横幅 × 縦幅) 横幅約1.5cm ✕ 縦幅約1.5cm
植物の高さ(鉢下から葉の頂上まで) 約40〜60cm
花までの高さ(鉢下から花の頂上まで) 約40〜60cm
バルブ(茎)の数 3〜4バルブ
鉢の大きさ 3.5号鉢(10.5cm)
植え込み鉢(材質) 硬質プラスチック鉢
植え込み材料 バーク

【 商品の梱包と配送について 】


▼画像をクリックすると、拡大表示出来ます。

 

レビュー

0件のレビュー